愛知県、名古屋で初期研修、後期研修を考えているみなさんへ

当院は卒後教育研修センターがあり、研修医のみなさんを積極的にサポートしています♪

https://www.nnh.go.jp/interndoc-jr/k_center/

院内、院外、各科の先生を招いた勉強会やERの振り返りなど、いろいろやってます!

その様子や研修医のつぶやきなどをこのブログで更新していきますので、

興味のある方はのぞいてみてくださいね...φ(´ω`。)



2016年9月16日金曜日

名古屋医療センターを紹介します③より柔軟なスーパーローテーション

2年間,どのようなローテーションを組んで
研修を行うかは,研修医の皆さんにとって気になるところだと思います.

当院では,1年次4月の時点で2年間全てのローテーションを組むのではなく,
2年間の研修のうちに3回,ローテーションを考えるチャンスがあります.
(クリックして拡大)
 
まずは入職した4月,オリエンテーションの中で各診療科の研修の説明を聞き
1年分のローテーションを決めます.

一つの診療科で同時期に研修できる人数にはもちろん限りがあるため,
そこは同期メンバーで相談しながら調整を行います.
なかなか大変な作業ではありますが,
主体性をもって研修に取り組む第一歩, ですね.

そして1年次の冬に,2年次の4月から1月までのローテーションを決めます.

そして2年次の秋頃,研修の締めくくりである最後の2ヶ月分のローテーションを決めます.

このように,段階的に研修する診療科を選択でき,(もちろん定められた必修科目はありますが...)
自分の興味関心の変化や進路選択の悩み等に合わせながら
その都度,上級医からアドバイスをもらうなどして
受け身的ではない,積極的なより充実した研修に取り組むことが可能です.

できるだけ多くの診療科をまわりたいという先生もいますし,
一つの診療科を2ヶ月続けてまわり,じっくりと取り組みたいという先生もいます.

個人の希望に沿ったローテーションで,
医師としての貴重な最初の一歩を踏み出し,
同期と助け合い,切磋琢磨しながら,皆それぞれの道を歩んでいます.
卒後教育研修センター

0 件のコメント:

コメントを投稿