★愛知県,名古屋で初期/後期研修を考えている医学生/研修医のみなさんへ★

当センターは,実り多き充実した研修生活が送れるよう,教育熱心な指導医と事務担当がチームとなって初期/後期研修医のみなさんを積極的にサポートしています.

https://www.nnh.go.jp/interndoc-jr/k_center/

日頃の研修や勉強会の様子など当院の研修を体感いただけるような記事や,病院見学,説明会,採用活動関連の情報を随時発信してまいります.

興味のある方はのぞいてみてくださいね...φ(´ω`。)




2018年8月14日火曜日

研修医勉強会「Wakipedia」

8月13日,
総合内科の脇坂達郎先生によるNMC名物研修医勉強会
内科症例カンファレンス Wakipedia が開催されました.
(フリー百科事典Wikipedia...ではなく..)

今回は脇坂先生による症例提示.
70代の男性,主訴は「フラフラする,物忘れ」
長年,高血圧であり,お酒をよく飲む
近医を受診したところ貧血の症状があり,当院総合内科を外来受診

脇坂先生;さあ,こんな患者さんが来たらどうする?
研修医①;もう少し情報を聞き出したいけど...何から手をつけたらいいのか...
脇坂先生;そうだね.一つひとつ情報を聞いていくことにしましょう.どんな質問をしたいですか?
研修医②;「フラフラする」とはどんな感じか,めまいなのか,足がヨロヨロする感じなのか.
研修医③;貧血の症状はいつからか,近医から情報を得たい.
研修医④;既往歴,手術歴は?飲酒の量は?
研修医⑤;飲んでいる薬は?
脇坂先生;患者さんやご家族からの情報を一つひとつ聞き出しながら,全体像をみることも大事ですね.何を疑って,どのような症状を探して診察するかが大切です.この患者さんは血液検査の結果,ビタミンB1やB12が低値であることがわかりました.入院して治療を開始することになりましたが,どんなことに気をつけるべきでしょうか?
研修医⑥;アルコール離脱.最終飲酒はいつか確認したほうがいいと思います.
脇坂先生;⑥先生,鋭いね~.アルコール離脱症候群は場合によって非常に危険なことがありますね.AKA(アルコール性ケトアシドーシス)について,聞いたことがありますか?

こんなふうに,脇坂先生と研修医たちの対話によって,患者さんの主訴からバックグランド,診察,治療方針に迫ります.

「お酒,アルコールの合併症に関する知識は,将来研修医のみんながどの診療科に進むことになっても必要です.研修医のうちに,どの科に進んでも役立つ知識を身につけてほしいと思っています」と,脇坂先生.

 脇坂先生,いつもありがとうございます.
 卒後教育研修センター

0 件のコメント:

コメントを投稿